2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿の花咲く橋の下でわめく犬に未来はない

なにやらマスコミの連中が示し合わせたかのように、
一斉に次期衆議院選挙において特定の政党が過半数をとるのでは?という
「推測・妄想・予想」的な記事を載せはじめました。

その党内ではこの動きをいち早く警戒し、候補者へ一掃気を引き締まるよう
通達を行っています。

産経 引き締め徹底を通達へ 世論調査圧勝予測に石破氏「自民に追い風吹いているわけでない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121206/stt12120614220002-n1.htm

【一部引用】
幹事長名で全候補者に引き締めを図るよう通達を出す考えを示した。盛岡市内で記者団の質問に答え「慢心、緩みがあれば、有権者の気持ちが一気に自民党から離れる」と述べた。

同時に「民主党に逆風が吹いているのは事実だが、自民党に追い風が吹いているわけではない」と分析。「新人候補が多いので、舞い上がってしまうこともあり得る。警戒しなければならない」と強調した。

【引用ここまで】

この手法はアンダードッグ効果を狙ったものではないかと
推測されているようですが可能性として否定できないと思います。

簡単に言えば、対象となる政党が圧勝という情報を流すことで、
有権者の心理に「他の政党に票がいかなくなるのは可哀想」だと思わせ、
大差で勝つなら私一人くらいは他の政党に入れてみようかなと
思わせることです。
よく聞くアンダードック効果は、人気のないチームや弱いチームを
心理的に応援したくなる、というような「判官贔屓」と同じような
意味で使われます。

逆の状況をバンドワゴン効果といい、数が多いほうに流されてしまう
ことをさします。
まぁ、どちらもこれら「印象操作工作」によって、比較するべき政策や
政治家の政治信条など本来の「判断基準」から大きくはずれています。



これが本当に「過半数を超す勢い」を素直に報じているのであれば
問題はないのですが、なにせ日本のマスゴミは信用に値しません。

上げておいてから、落としたほうがイメージダウンの効果は高いのです。
例えば、ある政党が圧勝になっているという報道を繰り返して流しておいてから、
スキャンダル的なものを一斉に報じるとか、逆に他の政党が行った
実績を執拗に報道でアピールし始めるといったことが起きる可能性があるのです。

これらの効果を狙うときに、必ず誰かが「オレ今まで頑張ってたよ」とか
「こんな実績を作ったよ!」的な発言をし始めます。

春と秋の異動間近のサラリーマンが突然オレ様アピールしたり、
悪役がやられそうになると「俺を殺せば二度と財宝は手に入らないぞ」的な
発言をするのと同じです。


デフレ脱却のための経済対策をはじめ、テレビでダメだ!と言ってることの
「反対」のほうが正しいということが多いものです。(特に最近は)

こういったテレビや新聞が流す「印象的な操作」に惑わされないように
気をつけなくてはなりません。


過去にもマスコミによる世論操作が行われ大問題になっています。
この「椿事件」は有名でございます。




実際、どこの政党が政権を取るにせよ参議院ではどこの政党も
単独過半数をとれていないので、ねじれ国会の状態は続きます。
そして、何もしなかった「空白の負の遺産」を取り戻すのは
空白に費やした時間以上の時間がかかかります。
どの政党が政権をとって公約どおりに行動したとしても
すぐに効果が出るわけではないのです。


日本を正しい方向へ導くためには、日本のための政治を行ってくれる
政治家や政党を選び、過半数以上(241議席以上)の大差で勝利した
日本人の民意を示す第一党が必要であると考えます。

なぜ過半数以上の第一党が必要か?

選挙当選後に人数の少ない政党同士が集まり、当選時の政策信条も
マニフェストをも無視し1つの大きな政党を作る、もしくは
大連立することによって、一番多くの民意を集めたはずの政党の人数を
上回ることが可能
だからです。
これぞ「野合の極み」と言えるでしょう。


今回の選挙は、日本の将来を決めるための選挙の1つです。
もう1つは7月に行われる「参議院選挙」でございます。

7月の参議院選挙が終わった時点で、日本や日本人の将来が決まります。
今月行われる衆議院選挙と合わせて本当に大切な選挙となっております。

ぼちぼち投票所の入場券が届くころです。
すでに期日前投票も始まっています。
ぜひ皆様、選挙にいきましょう。
スポンサーサイト

なにそれ?難しい政治家の言葉

選挙も来月にせまり各政党の街頭演説も活発になっていますね。
日本の未来を決める選挙(今回に限らず毎回ですが)には、ぜひ参加しましょう。
あなたの一票が日本を変えるのです。・・・いいほうにも悪いほうにも。

そんな街頭演説を撮影した動画が動画サイトにもアップされ、地元以外の
政治家の演説を聞くことが出来る時代でございます。
各政党が何を訴えているのか、あっちでは黒、こっちでは白と言ってるのが
即日バレてしまうこの時代。

本日ニコニコ動画にて20:00から行われた各政党の党首討論では、
社民党(福島瑞穂氏)、新党大地(鈴木宗男氏)、公明党(山口代表)が最後に
有権者のことを「この放送を見ているネットユーザー」と呼んでいました。
自民党(安倍総裁)は、「有権者」と呼ばれていました。

別に間違っていませんが、見ているのがネットユーザーだと思っている政党は
ネットユーザー=有権者だということがわかっていません。
こういう政党は、街頭に出てもテレビにでても「有権者」という言葉だけで
我々日本国民を「票」としか見ていないのでしょう。

以外なところで本性がバレるものです。



さて、そんな討論や街頭演説でよく出てくる「わからない言葉」。
疑問に思った「わからない言葉」をまとめてみました。
※わかっていると思いますがネタ含みます(最重要)


■TPP
環太平洋連携協定の略。
初めて会った女性(男性)に、預金通帳と家の権利を差し出し告白するようなもの。
当たればハッピーウェディング、最悪、全財産消滅。
人と人の話の場合、普通は警察呼ばれるか思い切りひかれるだけで済むが、
国と国の場合の普通は、全部持っていかれる。
ルールも何も知らないギャンブルと同じ。

賛成派は、「頑張れ!」、「怖くない!怖くない!」、「いける!いける!」という。
アホかと思う。


■負の遺産
「正の財産」には一切触れないこと。
イケメン、年収1500万、家持ち、身長180㎝、モデル経験有、だけどモヒカン。
このモヒカンだけをクローズアップして「負の遺産」、「負の遺産」という。
別名、「黒歴史」でもいい。
モヒカンから「新しい」髪形にしても、「負の遺産」、「負の遺産」と言われる。

「負の遺産」と言ってるほうが、負けていることに気がついていない。

公債発行額
02年度 35兆円 小泉政権(自民党)
03年度 35兆円  〃
04年度 35兆円  〃
05年度 31兆円  〃
06年度 27兆円 安倍政権(自民党)
07年度 25兆円 福田政権(自民党)
08年度 33兆円 麻生政権(自民党)
09年度 52兆円 鳩山政権(民主党)
10年度 42兆円 鳩山政権(民主党)
11年度 54兆円 菅政権(民主党)
12年度 44兆円 野田政権(民主党)

http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/003.htm



■脱原発
国家のエネルギー政策・成長戦略として考えるべきなのに、原子力だけが人気者。
電気がなくなればパソコンもテレビもご飯も炊けない。
電気は足りているという。火力発電用の石油などでコストがかさみ高い電気代で
中小企業が悲鳴を上げるなか、「原発」のことだけでいいわけがない。
しかも「今は足りている」という現状は、今後、電気を使うような業種、商品、サービス等は増やせないという事だ。(電気自動車、IHヒーターの普及など)
対案も出さずに「反対」「脱原発」「卒原発」とか言ってる政党は、日本のことを考えいるわけではない。

「オレ、会社辞める。大丈夫、金は足りてる(キリッ)」
これとなんら変わりない。


■脱官僚
官僚ガー。政治家にもいろいろいるように官僚にも色々いる。
政治家がダメなら、官僚もダメな人間分の仕事しかしない(できない)
田中真紀●氏がいい例となっている。官僚がいないとこうなってしまうという
反面教師的な意味(大学認可などで)


■古い政治
3年前から同じ事を言ってる古い政治家のこと。
民主党の野田氏をはじめ様々な政党の議員が言っている。

ボキャブラリーが古い政治家のこと。



日頃、ブログを書くネタがないので次回も続くかもしれません(マテ


■民主党もダメだが、自民もダメ

【民主はダメ】

帰れー?売国奴?テロリスト?

【自民もダメ?】

ドユコトー?w


ワカラナイ・・・小麦粉かナニカダ

バカ正直もバカであることに変わりがないと思うのですが、間違っていますか?

最近のマスコミや民主党議員さんは、民主党の解散を「約束を守った」と
言ってる人もいるようですが、舟橋市議の弟さんの不正受給、ヤクザ献金、
外国人献金と金まみれで、就任後3週間で田中慶秋氏が法務大臣を辞任、
田中真紀子文部科学大臣も大学の認可で子供の将来をかき回す。
そろそろ総理変えちゃおうかと周りが「野田降ろし」の動きを見せたため、
それならばと、焦って解散しただけでございましょうに。

「近いうち」に「100日」もかかるのが、「約束」だとは片腹痛い。
まさに、ぬかしおる!

「近いうちに御社に伺います」とアポを取っておいて、三ヵ月後に行ったら、
なんていわれるか試してみようと思う営業マンの方がいらっしゃったら
ぜひ経過をご報告ください。

「近いうちに入荷します」とお客様に入荷状況の報告をしておいて、
三ヵ月後に入荷連絡をしたらどうなるか、試してみたい販売員の方は
ぜひ経過をご報告ください。

「近いうちにご賞味ください」と書いてある「牡蠣」を三ヶ月後に・・(以下略


日本語って本当に難しいです(^^


ところで最近よく聞く「TPP」を、農作物や車、テレビなど輸出入の関税だけだと
思ってる方はどれくらいいらっしゃるんでしょうかねぇ。
農作物1つとってみても、農作物の輸出入以外にもTPPは関わってきます。
例えば、
・日本で使ってはいけないとされている農薬の使用が可能になる。
・遺伝子組み換えの農作物が入ってくる。
・聞いた事のない食品添加物のオンパレード
・○○産コシヒカリなどの表記禁止(ブランド崩壊)
・国の根幹である第一次産業の崩壊。レアアースのように食料が外交カードに。

例えば、「遺伝子組み換えでない」と書かれている商品を見たことが
あると思います。
遺伝子組み換えの大豆は、納豆や豆腐などには(原則として)使われていませんが
サラダ油などには使用されています(トウモロコシも)
それらの表記もTPPでは「禁止」となり、ますます何を食べさせられているか
わからなくなりますね。
もちろん、育った「作物」だけではなく「苗」や「種」なども入ってくるのは
間違いないでしょう。


これらは、実際に起こるであろうといわれていることの一部です。


他にも医療制度や薬の薬事法も変更させられます。
国民保険社会保険は、自己負担が3割ですが、この制度がなくなり
全額負担となります。
そのため保険会社が儲かるわけですが、この保険のルールにも
TPP参加国(主に、アm・・)で決められたルールが適用となるのです。

サービスなどもTPPに入ってますね。
労働なども外国人などの人件費の安い国からどんどん人がやってきます。
日本人を雇う会社なんてなくなっちゃうよね。

また、投資や金融もTPPの対象。
投資なんてものは、国内企業乗っ取りの第一歩。
金融に至っては、国内だけの運用が定められている「郵便貯金」などが
標的になる。「国内でお金が流れているもの」が海外に流れるようになり
海外の投資会社や銀行が潤うことになる。
郵便貯金を運用する際の投資先を、国内だけではなく、うちの国にも
よこせと言われているのが実情。
日本国内で投資していたお金が、海外に出回ると日本の経済に打撃となるのは明白。


あー、そうそう。
「メイド イン ジャパン」の価値も消えるとか言ってる意見もありましたな。
物作りには当然、材料や部品が必要となるわけですが、これらの材料や部品などが
商品の価格の45%以上であれば、そのTPP加盟国で生産されたものとみなすことに
なっています。
10,000円の商品のうち4,500円が日本製の材料や部品であれば、
55%がどこの国であろうとも「メイド イン ジャパン」で売れるんです。
まぁ、今でも同じようなことがありますが、今まで以上に曖昧になりますね。



いやぁ、ここまで書いていても実はほんの一部だったり(^^;
しかし未だにTPPの全容がワカラナイ。
本を読んでもわからない。

賛成派、反対派の方の著書を読み比べ、メリット、デメリットは
おぼろげに判るものの、手放しに賛成できるようなものではなさそうだ。
むしろ一般庶民にはメリットがほとんどない、というのが率直な感想ですな。
日本の景気がすこぶるよく、石油やガスなどのエネルギー資源を持ち、
食料の自給率が高ければ参加しなくてもよさそうではありますが(苦笑


ところで民主党の野田代表は「TPP参加&推進」のようですね。
自民党の安倍総裁は「例外、聖域なき関税撤廃、これを交渉の条件とする限り、
交渉参加については 私は反対する姿勢は全く変わってはいません。」と
語っておられます。

安倍総裁の話は、「例外は設けないとか、なんでもかんでも関税撤廃しろとか
「yes」言うと思うたら大間違いやで!そのつもりなら交渉にも参加せぇへんわ」と
いう事ですな(ぇ?
農家や医療系の人は安心できそうです。

日本有利のルールを決めるつもりでTPP交渉に参加するのならいいと、
思いますけどね。交渉に参加ってとこがミソで(笑
まぁ参加したら脱け出せず、逃げようものなら国際的な信用を落とすことに
なるんでしょうけど(^^;

失笑

世の中にはごくごく「当たり前」という事柄がございます。

鳥が飛ぶ、昆虫の足は6本、象の鼻は長い、宇宙には地球以外に星がある、
息を止めると苦しくなる等々。
例外的な場合もございますが、「当たり前」のことばかりでございます。

国が自国の領土を守り、国民の生命や財産を守るのは憲法でも
保障されており、今回の野田氏の記者会見(独り言?)の内容は、
民主党にとっては「例外的な」「初めて気がついた」自慢げな選挙対策用の
発言だったのかもしれませんが、日本国民はみんな知っていたと思います(^^
(生命は13条、財産権は29条1項


それを今更、「国土を守りますよー」、「竹島・尖閣諸島は日本の領土」とか
何を言ってるんでしょうか(^^;
今まで民主党は韓国が竹島を不法占拠していることを答弁で「答えませんでした」。
明言せず「韓国が実行支配している」と、ごまかしてきたのです。
今になって「不法占拠」とか言い始め、さも日本の領土や日本国民が大切かのように
いってますが、ちゃんちゃらおかしい話です(笑

韓国・朝鮮人から献金を貰っていた野田氏、菅氏、前原氏をはじめ
韓国の団体への挨拶周りなどの動画がワラワラでてくる民主党さんが
「何、今更取り繕ってんの?」状態ですよ。

韓国人に選挙の応援させてんの?




さて、記者会見では大きな口叩いた野田氏ではありますが
本当に「実行」できるのでしょうか?
民主党といえば「マニフェスト詐欺」や「口だけ番長」に代表されるように
「言う事はでかいが、約束を守ることも実行に移すことも出来ない」政党
であるといわざるを得ません。

産経 「覚悟あるのか」「言葉だけでは」最前線に疑問や不満 首相の領土会見
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120824/plc12082422200041-n1.htm




こういった話の影で、売国法案である「人権救済委員会設置法案」の閣議決定を
こっそりと行うことを先日8月23日の予算委員会で明言していました。
人権救済機関の設置を質疑したのは公明党の東議員。
それに答える形で野田氏は、今国会中の「閣議決定」と法案提出を明言したのです。


民主党や公明党が、とうとう本性を現しました!


人権擁護法案=人権救済法案=人権救済委員会設置法案です。

廃案対策で法案の名前だけ変えて何度も提出されてます。


人権救済法案・人権救済機関設置法案については以下の動画を参照。


この法案が通ったとき、「人権」の名の下に反日外国人の人権委員による
日本人狩りが可能となります。

更には独立性を保つために「三条委員会」扱いとなっています。
これは「裁判所の令状なし」に家宅捜査も可能です。
公安と同じ権限を持つことも可能で、公安と違い「反日外国人」が
委員になる事ができるのです。恐ろしい法案でしょ?(^^;

(だから在日韓国人は民主党議員に献金してたのか!?)
日本を国益や日本国民を想う保守派の政治家から狩られることが
予想されます。


今回の記者会見もこの売国法案を隠すためのカモフラージュじゃないの?


ま、「たまには」こういった話題も書くのよ、と。(ぇ?
プロフィール

うに

管理者:うに

検索フォーム
pixiv
pixivにも投稿しております。
Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
7753位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
453位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
カウンター
ブログランキング
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。